2006年01月29日

あなたは住宅性能表示付きマンションを選びますか?

耐震強度偽造(偽装)事件以降、住宅性能表示付きマンションであることを強調する広告が増えた。

住宅性能表示は、大きく次の9つの評価区分が設けられている(今年の4月1日から「防・に関すること」が追加され、10区分になる)。

 1.構造の安定に関すること
 2.火災時の安全に関すること
 3.劣化の軽減に関すること
 4.維持管理への配慮に関すること
 5.温熱環境に関すること
 6.空気環境に関すること
 7.光・視環境に関すること
 8.音環境に関すること
 9.高齢者等への配慮に関すること
 10.防・に関すること

住宅性能評価は、全9項目(4月1日からは10項目になる)のうち、ただ一つ「音環境に関すること」は、選択項目(=表示義務がない)となっている。

多くの物件がそうなのだが、消費者の関心が最も高い「音環境に関すること」について情報が開示されていないのだ!

さて、あなたは住宅性能表示付きマンションを選びますか?

あなたは住宅性能表示付きマンションを選びますか?

調査結果は、住宅性能表示付きマンションを選ぶ人(できるだけ選びたい・どちらかといえば選ぶ)は、約8割(78%)と大勢を占めた。

「どちらでもよい」と回答した、どうでもいい派は、約2割(17%)。

「どちらかといえば選ぶ」「できるだけ選ばない」という否定派は5%にとどまっている。

「音環境に関すること」が選択項目になっているなど、課題を抱えた制度であることは否めない。

でも、1住戸当たり数万円の費用負担で、素人では、うかがい知れないマンションの性能を、たとえ100%ではないにしても、把握できるメリットは小さくないと思う。


・調査対象者:ブログ読者
・調査期間:2006年1月22日〜1月28日(1週間)
・総投票数:101票
posted by 管理人 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) |   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。