2006年02月26日

あなたはマンションブランドを何から感じていますか?

前回の調査「マンションを選ぶときに、売主のブランド力を重視しますか?」で、「とても重視する」と「ある程度重視する」を合わせた「ブランド重視派」は、82%の高い得票を占めていることがわかった。

マンション販売戸数の全国事業主別ランキング(2004年)順に、各デベロッパーの主なブランド名を列挙すると次のようになる。

これらのブランド名から、高い耐震性能や長期にわたる耐用性能、あるいは居住性や意匠性の高さなど、各人各様、さまざまなイメージを持たれることだろう。

ライオンズ(大京)
パークホームズ 三井不動産)
プラウド(野村不動産)
シティハウス(住友不動産)
サーパス(穴吹工務店)
ディーグラフォート(大和ハウス工業)
シティーホームズ(藤和不動産)
パークハウス(三菱地所)
クオリア(東急不動産)
コスモ(リクルートコスモス


さて、消費者はどのような情報を通じて、これらのブランド・イメージを抱くようになるのか?


060226 あなたはマンションブランドを何から感じていますか?

やはりというか、音声と画像の両方で強い印象を与えることができるテレビCMが、全体の4分の1と最も高い得票率を得た。

2番目はインターネット情報の11%。回答者がブログの読者ということを勘案すれば、日頃ネットで収集した情報からブランド・イメージを抱いている様子が想像できる。

それ以外の項目については、4%〜7%と、ドングリの背比べ状況であった。


・調査対象者:ブログ読者
・調査期間:2006年2月19日〜2月25日(1週間)
・総投票数:57票
posted by 管理人 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) |   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13795556
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。